プロフェッショナル仕様の精密機器キャリングケースからアルミコンテナまで 1902年興業フジコーワ工業の堅牢ケース専門ブランドPROTEX(プロテックス)公式サイト

PROTEX(プロテックス)はパーソナルに特化した、あらゆるプロフェッショナルのキャリーニーズに応えるブランド。
スーツケース・キャリーコンテナ・アタッシュなど、ビジネスに始まりトラベル・ダイビング・モータースポーツにいたるまで、プロフェッショナルの傍らには、常にPROTEXがいる。

▼<オーダー受付状況>FPZ-09:7月下旬出荷分 / FPV-08:7月下旬出荷分残りわずかです  AFC-106:5営業日以内出荷分残りわずかです

  • FPZ-09
  • FPV-08
  • AFC-106

最新更新日[UP DATE]

慶應義塾体育会庭球部をサポート中。Racingキャリーを活用

慶應義塾体育会庭球部をサポート

1901年、明治34年に創部。
120年以上の歴史を持ち、2023年の全日本大学対抗テニス王座決定試合では優勝も果たし、伝統と実績を兼ね備える慶應義塾体育会庭球部。
同部のOBの方とのご縁をきっかけに、PROTEXのRacingキャリーをお使い頂いています。

  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート
  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート
  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート
  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート
  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート
  • 慶應義塾体育会庭球部をサポート

日吉キャンパスの蝮谷テニスコート・部室棟にて今回、日々の練習や大会にも帯同し、部員の方々に伴走されている川島コーチに、実際にどのようにRacingキャリーを使われているかお話を伺いました。
テニスラケットも収容可能な長尺のRacingキャリーを複数台使用頂く中で、特に長尺かつ重量のあるマットを収容する用途で重宝しているとのこと。
その他にもトレーニング用の2kgボールなど、重量のある器具をひとまとめに持ち運ぶ際、PROTEXの堅牢キャリーが機能的かつ安心感を持ってお使い頂けている様子でした。
当社としても、大会遠征や合宿の際にお使い頂く中での声を元に、アスリートの方々によりお役立て頂ける様な今後の製品開発にも活かして参る所存です。(2024年6月 記)

▼慶應義塾体育会庭球部について詳しくはこちらでご覧頂けます

*公式サイト
https://www.keiotennis.com/

*公式Instagram
https://www.instagram.com/keio_tennis/(@keio_tennis)