プロフェッショナル仕様の精密機器キャリングケースからアルミコンテナまで 1902年興業フジコーワ工業の堅牢ケース専門ブランドPROTEX(プロテックス)公式サイト

PROTEX(プロテックス)はパーソナルに特化した、あらゆるプロフェッショナルのキャリーニーズに応えるブランド。
スーツケース・キャリーコンテナ・アタッシュなど、ビジネスに始まりトラベル・ダイビング・モータースポーツにいたるまで、プロフェッショナルの傍らには、常にPROTEXがいる。

▼<オーダー受付状況>FPZ-07 / FPZ-09:5月下旬出荷分残りわずかです  AFC-106:5月下旬出荷分残りわずかです

  • FPZ-07
  • FPZ-09
  • AFC-106

最新更新日[UP DATE]

  • 高汎用サイズFPZ-09登場
  • AFCシリーズデビュー
  • オールレッドコンテナ版AFC-106
  • FPZ-07新色シュバルツネイビー
COLUMN
  • 角田選手から現地写真
  • OD製品特集
  • 中銀カプセルタワービルに再潜入
  • 30年選手の修理ルポ
COLUMN
  • スポーツチーム応援プロジェクト▲スポーツ応援プロジェクト
  • レーシングキャリー優待販売▲レーシング優待販売制度
  • スーツケースの修理をご希望のお客様▲製品の修理をご希望の方へ
  • スペアパーツ一覧▲スペアパーツ一覧
PROTEXメディア掲載・イベント情報

< 最新情報 >

AFC-106が「収納名品」の常連入り。雑誌 『Casa BRUTUS』にて

折りたたみ式アルミコンテナAFC-106が、Casa BRUTUS特別編集号「収納上手の整理術」にて紹介。
「ガレージ、キャンプでの使用に最適。」とストレージボックスの特集内でのピックアップ。
Casa BRUTUSでは以前にも、「収納名品特集号」にて、「ヘビーデューティーなインテリアに最適なアルミ製コンテナ」として折りたたみ式アルミコンテナがスタッキング(積み重ね)された写真カットとともに紹介されました。
目利きのプロが選ぶ収納名品の常連入りを果たしたとも言えそうです。

  • PROTEX Casa BRUTUS掲載
    ▲AFC-106掲載の『Casa BRUTUS』
  • PROTEX AFC-106
    折りたたみ式アルミコンテナAFC-106

AFC-106がオフロードバイク専門メディア 『Off1』にて紹介

「めっちゃ良い箱見つけちゃいました」
そんな書き出しとともに、オフロード専門メディアOff1にて、折りたたみ式アルミコンテナAFC-106が紹介。
「トランポからガレージまで」「超絶頑強な折りたたみ箱」「ガシガシタフに使える相棒に」など、ゴツゴツとした(?)フレーズにて、AFC-106の特徴を語って頂きました。
紹介記事は こちら よりご覧頂けます。

  • PROTEX AFC-106
    折りたたみ式アルミコンテナAFC-106

森みみ選手にPROTEXキャリーを提供サポート中

森みみ選手

アーチェリー競技において、ジュニアの頃からあらゆる国内大会を制覇。
2020年より海を渡り、アーチェリー強国の台湾へと留学して以降も、現地の大会での優勝経験を重ねている 森みみ 選手を、PROTEXはサポートしています。
アーチェリー器材の収納に、長尺キャリーFP-80を提供。
圧倒的なトラックレコードからパリ大会での活躍への期待も高まり続けている森選手の今後に、目が離せません。

  • PROTEX FP-80
    長尺キャリーFP-80
  • PROTEX FPZ-07
    遠征用キャリーにFPZ-07

【開発中製品のお知らせ】気密アルミコンテナ、開発中。

開発中のアルミコンテナ

全天候型コンテナをさらに上回る、完全気密型アルミコンテナを、現在開発中。
写真は設計段階のイメージ図になります。
気圧調整バルブが付き、気密性を実現するための特殊な溶接構造になっています。
製品化に至るまでには、これよりいくつもの製品試験を重ねていくことになるため、道程はまだまだ長そうです。
今回、こちらのコンテナは、需要よりも先に、まずは開発してみよう、ということで進めていますが、問い合わせを頂く様でしたら、開発ピッチをより上げて参りますので、ご興味のある方は、info@protex.net までお知らせくださいませ。
主な想定用途としては、航空宇宙関連。
小型衛星及びその周辺機器の収納用途に耐え得る気密性を目指して開発を進めています。
また、コンテナ製品については、サイズの特注やカラーリングのカスタムなどのご希望を一定数頂いております。
要望ございましたら、まずはメールにて、問い合わせくださいませ。

ボッチャ専用ボールケース が東京都 英文広報誌にて紹介


Tokyo(Winter/Spring2022)

ホビージャパンMOOK 『MIL-SPEC GEARS』にて、「究極の耐衝撃性を実現」したハードキャリーとしてPROTEX NEOが紹介

米軍が定めた「ミルスペック(MILITARY SPECIFICATION)」規格に準拠した民生品を、ホビージャパン編集部が総力を挙げて一冊に集約。
ミリタリー志向の探究心を刺激するムック本『MIL-SPEC GEARS』にて防弾ハードキャリーPROTEX NEOが紹介されました。
表紙でも謳っている「タフで機能的なギア」、少なくともハードキャリーという領域において、高い気密性や堅牢性に留まらず、防弾性能をも誇るNEOは、その最たるものと言えます。
誌面では、実際に海を渡り米国にて30フィート(約10m)先から22口径の弾丸による実射試験を行った証となるシェルへの弾痕も掲載。
そのプロテクションの極致を堪能頂ければ幸いです。

  • ホビージャパンMOOK掲載
    ▲『MIL-SPEC GEARS』
  • 防弾NEO
    防弾ハードキャリーPROTEX NEO

映画『G.I.ジョー』 にPROTEXが作品協力


G.I.ジョーにPROTEXが作品協力

世界興収737億円のメガヒット。シリーズ最新作として10月22日より公開となった「G.I.ジョー 漆黒のスネークアイズ」にPROTEXが作品協力を行いました。
今作は日本も舞台となり、ハリウッド映画史上最大規模の日本ロケ撮影が行われ、PROTEXにもオファーがあり、アルミコンテナ他、相当数の製品を提供。
かつてないスケールのアクションエンターテイメントが日本を舞台に繰り広がられるということで話題の本作を、ぜひお楽しみくださいませ。

サポート中の大津弘樹選手が、全日本フォーミュラ選手権第6戦にて優勝。


大津弘樹選手

2021年10月に開催された全日本フォーミュラ選手権第6戦にて、予選からポールポジションを獲得した大津選手。
決勝でも一度もトップを譲らないまま35周のコースを走り切り、自身初となる優勝を獲得。
さらなる飛躍の助けとなる様、PROTEXも大津選手を引き続きサポートして参ります。
スーパーフォーミュラニュースの記事でも、熱戦の様子がレポートされておりますので、宜しければご覧ください。

  • PROTEX Racing r-2
    大津選手に提供中のRacing R-2

チェアスキー日本代表チームをサポート中


チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート チェアスキー日本代表に専用ケースを提供サポート
  • Racing J
    代表チームに提供中のRacing J
  • CR-5000
    CR-5000

パラカヌー代表瀬立モニカ選手 より、PROTEXにメッセージが届きました


専用の器材ケースを提供サポートしている、パラカヌー日本代表の瀬立モニカ選手より、ビデオメッセージが届きました。
競技中の文字通りの「生命線」となる、カヌーに取り付けるシートをセーフティに持ち運べるPROTEXの特注ケースは、瀬立選手が初めて海外遠征に赴く時から今まで、愛用しており、今大会でも同シートケースを使われるとのこと。
「自分の命の次に大切なシートを安心して預けられる」との声とともに、力強いメッセージを事前合宿先から頂きました。
瀬立モニカ選手を引き続き、PROTEXはサポートして参ります。(2021年7月更新)

火ノ玉JAPAN をPROTEXは応援しています。ボッチャ専用ボールケースを提供中


ボッチャ日本代表に専用ケースを提供サポート

ボッチャ日本代表に専用ケースを提供サポート

白のジャックボール(目標球)に、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを、いかに近づけるか。
そんなシンプルな行動原理のもとに、チーム間の駆け引きや戦術性が試される球技として多くの人を魅了するボッチャ。
あらゆる垣根を超えて愛されるスポーツとしても年々注目が高まり、競技大会も国内外問わず広く開催されています。
トップレベルの試合においては、選手や戦略に応じて使用球の重さを1粒単位で調整するという精緻さが追求され、使用球の型崩れを防ぐのはもちろんのこと、大会当日の気候コンディションに左右されにくい気密性を備えた収納ケースをとオファーを受けたことをきっかけに、PROTEXのボッチャ日本代表へのサポートが始まりました。
大会での火ノ玉JAPANの活躍の様子とともに、使用されている器材にも目を向けることで、ボッチャの奥深さをさらに感じ取って頂けましたら幸いです。

テレビ東京系にて、7月10日㈯朝9時より放送開始。ウルトラマントリガーにPROTEXは衣装協力しています


ウルトラマントリガーにPROTEXが衣装協力

ウルトラマン誕生55周年、そして、「平成ウルトラシリーズ」の封切りとしても人気を博したウルトラマンティガ誕生25周年。
その大きな節目に始動する新たなウルトラマン作品『ウルトラマントリガー ~NEW GENERATION TIGA~』の世界観を形づくるアイテムとして、PROTEX製品を提供、衣装協力を行っています。
光の巨人の新たな物語の始まりを、共に目撃しましょう!

*番組公式サイト
https://m-78.jp/trigger/

*公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/tsuburaya

*Copyright
©円谷プロ©ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

▼下記製品を含めたPROTEXキャリーを複数、作品に提供しています

  • Racing J
    流線型フォルムキャリー
    Racing J
  • CR-5000
    長尺型プロスペックキャリー
    CR-5000

CAR GRAPHICにて、AFCコンテナが「理想の趣味空間を作り上げるアイテム」として掲載。


カーグラフィック掲載

本格自動車専門誌として1962年より刊行を続けている月刊誌「CAR GRAPHIC」にて、AFCコンテナが取り上げられました。
「作り上げる理想の趣味空間」特集にて、「軽量かつ圧倒的な堅牢性」「レトロで武骨なルックス」などのキーワードとともにピックアップされています。
また、別頁でも、AXISビルの「LE GARAGE」が取り上げられており、洗練された空間の中にAFCコンテナが取り入れられている様子も掲載されました。

  • AFC-106
    折りたたみ式アルミコンテナ
    AFC-106
  • AFC-106 Invisible O.D.
    本格ミリタリー仕様
    AFC-106 Invisible O.D.

モノマガジン2021/7/16号にて、「運ぶギアボックス」としてPROTEXキャリーが掲載


モノマガジン掲載

一冊丸々、ギアボックスの総力特集となったmono magazine(モノマガジン) 2021年7月16日号。
今号の中で、高い堅牢性を誇る「運ぶギアボックス」としてPROTEXキャリーが紹介されました。
「大切な道具こそ、信頼に足るギアボックスに」という言葉とともに、高い耐衝撃性と軽量性を両立している製品の特徴について細かに触れられています。
上記の写真はFP-34 SPECULARを、ガレージ空間のギアボックスとしてイメージ撮影したもの。
無骨なリブデザインとアルミ蒸着の組み合わせが、ガレージ空間の工具や什器とも相性が良く、ボディ本体に生じたキズもビンテージ感のある味わいとしてお楽しみ頂けます。

  • FP-32N SPECULAR
    FP-32N SPECULAR
  • FP-34 SPECULAR
    FP-34 SPECULAR

『AR-PROTEX』第2弾発表。「変形するAR」でAFC-106を体験!


AR-PROTEX第2弾 AR-PROTEX第2弾 AR-PROTEX第2弾

BIGFOOT32 SWIM TEAM樋口選手にPROTEXキャリーを提供サポート


樋口遼選手

187cmの長身に、50mをノーブレスで泳ぐ8550ccの肺活量。
そのパワフルな泳ぎから、いつしか持つようになった異名は“ビッグフット”。
個人としても現役のプロスイマーでありながら、自らの異名を冠するチーム「BIGFOOT32 SWIM TEAM」を立ち上げ、日本選手権、ワールドカップ、マスターズなどの主要な大会で活躍する、樋口遼選手よりオファーを受け、PROTEXキャリーを提供しています。
樋口選手は指導者としての顔も持ち合わせ、その指導のもと、全国大会などでタイトルを獲得する次世代のプレイヤーも輩出しているのだそう。
各方面で活動が盛んな樋口選手を、PROTEXも堅牢キャリーを通じて引き続きサポートしてまいります。

  • Z-330
    樋口選手に提供したZ-330
  • FP-32N SPECULAR
    FP-32N SPECULAR

ハートネットTVにて、『ボッチャ日本代表用ボールケース』としてPROTEXキャリーが紹介

2021/2/9に放送されたEテレ ハートネットTV『選手を支える“日本の技術力”』特集にて、ボッチャ日本代表チームに提供している専用ケースが紹介されました。
ボッチャは選手や戦略に応じて使用球の重さを1粒単位で調整する、精緻さを求められるスポーツであり、球の型崩れを防ぐのはもちろんのこと、大会当日の気候コンディションに左右されにくい気密性を備えた収納ケースをと、リオ前大会の1ヶ月前に、代表チームよりオファーが。
プロスペックの堅牢性と大容量を誇るCR-9000に、ボールの形状に対応した特注のウレタン内装を装備することで、PROTEXはオファーに応えました。
チームの奮闘の結果、銀メダル。ボッチャ競技初のメダルを、代表チームが獲得しました。
今回の放送の中では、「とにかく真球であることを追求して内装を製作した」「『ケースのおかげでメダルをとれた』と大会後に言ってもらえた」などのエピソードとともにPROTEXスタッフがインタビューに応えておりました。

  • ハートネットTVで紹介CR-9000オレンジ
    ボッチャ日本代表チームに提供したCR-9000

月9ドラマ『監察医 朝顔』に、大谷亮平さん愛用ケースとしてCR-9000が登場

法医学者と刑事という異色の父娘を描いた作品として2019年に反響を呼び、第2シーズンとして放映が始まった今回、月9枠史上初の2クール連続放送となることでも注目を集めている『監察医 朝顔』。
今シーズンの作中で大谷亮平さん演じる謎の男・若林昭信の素性が明らかになるシーン、PROTEXキャリーCR-9000を引き連れて登場。
大谷さん演じる若林は、「エンバーミング」のプロフェッショナルとして最高の技術を有し、アメリカで活躍していた人物でした。
「ワンマンオペレーティング仕様のプロフェッショナルキャリー」というCR-9000が相棒として選ばれたのも納得の素性で、PROTEXスタッフも唸らされた次第です。

  • 大谷亮平さん愛用ケースとして登場CR-9000ブラック
    作中に登場したCR-9000

パラカヌー東京パラリンピック代表に内定の瀬立モニカ選手にPROTEX製品を提供・サポート中

映画『461個のおべんとう』に、PROTEXキャリーを提供。

11月6日より公開となった映画『461個のおべんとう』に、PROTEXキャリーが複数登場しています。
普段SF方面の作品からのオファーが多く、今回の様な家族の絆を全面に描く様な作品には、まさかの提供でした。
予告映像にも、プロスペックキャリーのCR-9000が少しだけ、映り込んでおります。
早速、本作品から元気をもらったPROTEXスタッフもおりました。 ぜひPROTEXキャリーも登場することも頭の片隅に入れつつで、本作品をお楽しみ頂ければ幸いです。

  • PROTEX CR-9000
    本作品に登場のCR-9000
  • PROTEX FP-15
    精密機器輸送キャリーFP-15

サポート中の角田裕毅選手が、F2第5戦「レース2」にて優勝。


角田裕毅選手

イギリスのシルバーストンで現地8月9日に開催されたFIA-F2選手権にて、角田裕毅(つのだゆうき)選手が優勝を飾りました。
4歳でレーシングカートを始めて19歳より渡欧。
F3選手権で優勝し、F1への登竜門としても知られる同選手権に、角田選手は2020年より参戦。
PROTEXでは、角田選手のヘルメットやウェアをはじめとしたレーシングギアを収納するケースを提供サポートしています。
コンマ1秒単位を競う中での大切な器材を守る形で、PROTEXは引き続き角田選手の活躍を支えて参ります。

  • PROTEX Racing r-2
    角田選手に提供中のRacing R-2
  • PROTEX FP-90
    長尺キャリーFP-90
  • PROTEX CR-3300
    機内持ち込みキャリーCR-3300

2020.10.9放映スタート、「24 JAPAN」にPROTEXアタッシュ等提供



24 JAPANにPROTEX製品提供

世界的人気作品の日本版リメイクとして放映が開始された「24 JAPAN」(テレビ朝日系列ドラマ)。
リアルタイムな時間進行とともに緊迫感溢れる応酬が繰り広げられる世界観を演出する役割を一部担う形で、PROTEXはアタッシュケース等を提供しています。

テレビ朝日系列ドラマ『BG ~身辺警護人~』に、PROTEXが美術協力。

“丸腰で守り抜く男”、再び。
そんなキャッチコピーとともに2年ぶりに第2弾が放映スタートとなったドラマ『BG ~身辺警護人~』よりオファーを受け、美術協力を行っています。
毎回異なるバックグラウンドを持った人物の身辺警護に民間ボディーガードが奮闘する本作のイメージビジュアルには、「必ず、護る。」の文字。
大切な器材を「確実に守って、運ぶ」PROTEXの使命との共鳴が作中で見られることが、スタッフ一同、毎週の楽しみとなっています。
本作も熱い展開が毎回繰り広げられていますので、「PROTEXキャリーやアタッシュが登場するかも?」と頭の片隅に入れて頂きつつ、ぜひご覧頂ければ幸いです。

  • PROTEX FP-32N
    精密機器輸送スペックFP-32N

『AR-PROTEX』プロジェクト始動。最新テクノロジーを駆使したバーチャルショールームで未来体験

AR-PROTEX
AR-PROTEX
AR-PROTEX

『機動戦士ガンダム』とのコラボキャリー登場。3/14より「STRICT-G」各店舗で販売開始

機動戦士ガンダムとのコラボレーションキャリー登場
機動戦士ガンダムコラボモデル4種
機動戦士ガンダムコラボモデルはSTRICT-G各店舗で販売
エンブレムから内装まで特別仕様
ジオン軍モデルとシャアモデル
内装生地もオリジナル迷彩パターン
特集コラムの続きを見る
機動戦士ガンダムコラボモデルのベース機紹介
機動戦士ガンダムコラボのベース機CR-4000
機動戦士ガンダムコラボのベース機CR-3300

作曲家下村陽子さんPROTEXキャリーユーザーインタビューを公開しました

▼下村さんがキーボード収納ケースとして愛用されているFP-90はこちら

音・映像・通信のプロフェッショナルのための国際展示会「Inter BEE 2019」に登場

Inter BEE 2019

50年以上の歴史を持つ、日本最大級の映像、音、通信各テクノロジーのプロフェッショナル展「 Inter BEE( =International Broadcast Equipment Exhibition ) 」が今年も幕張メッセで開催されました。 国内外から1,000社以上の機材メーカーやプロフェッショナル企業が集い、来場者も4万人を超える、年に一度の祭典。 多様な撮影機材、音響機材が立ち並ぶ中、PROTEXはそうしたプロの精密機器を確かに守るケースブランドとして今年もInterBEEに出展。実際のカメラやマイク、ドローン等の機器を収納した状態でのケースの展示や、防水試験のデモンストレーションなど、製品のプロテクション力を体感出来るブースとして注目を集めました。

Inter BEE 2019 現地レポート >>

▼ Inter BEE2019で特に注目された製品 ▼

  • PROTEX FP-15
    FP-15
  • PROTEX FP-90
    FP-90

&GP Produced by GoodsPress』に業界最長キャリーFP-90が登場

雑誌Goods Pressがプロデュースする注目アイテムにフォーカスしたwebメディア「&GP」にて、「運べる荷物の選択肢が増える長尺キャリーケース」としてFP-90が紹介されました。

  • FP-90
    業界最長高さ90cmキャリーFP-90

HRC ホンダ・レーシングチームにオフィシャルパートナーとしてFPZ-07を提供

HRCチームにFPZ-07を提供
  • FPZ-07
    HRCチームに提供したFPZ-07

日本テレビ水曜ドラマ 『偽装不倫』に宮沢氷魚さん愛用カメラケースとしてFP-32Nが登場

7/10より放映開始した日本テレビ水曜ドラマ『偽装不倫』からオファーを受け、衣装協力を行い、早速第1話にFP-32Nが登場しました。主演となる杏さんの相手役、宮沢氷魚さんが演じるのは、世界中を飛び回るカメラマン。愛用するNikonのカメラを持ち歩くキャリーケースとして、FP-32Nが登場しました。作中では、宮沢氷魚さんの素性を知る前の杏さんが「ごっつい真っ黒のキャリーバッグ…」とFP-32Nをまじまじと眺めながら不思議がり、「もしやこの人はスナイパーでは?」と推測する場面も。これまでもカメラマン専用キャリーとしてドラマ出演を果たしてきたFP-32Nですが、「ロケットランチャーが入っていそう」のような声を時たま頂くこともあり、作中で杏さんがそのように考えたのも納得ではあります…

  • FP-32N
    宮沢氷魚さん愛用キャリーとして登場したFP-32N

読売新聞 『スーツケース 進化』特集にFP-32Nが登場

7/31読売新聞朝刊「スーツケース 進化」特集にて、FP-32Nが「大切なものを守りたい人のためのスーツケース」「プロカメラマンなどに愛用者多数」などと紹介されました。 宇宙飛行士向けカメラケースや自衛隊装備品などの技術を一般用途に応用して生まれたその成り立ちを交えながら、FP-32Nのプロテクション力に注目頂きました。

雑誌 『LEON』7月号にWP-9000が掲載されました。

『LEON』内の旅トロリー特集にて、WP-9000が「あらゆるジャンルのプロフェッショナルが信頼を寄せる」スーツケースとして紹介されました。

  • PROTEX LEON掲載
    ▲WP-9000掲載の『LEON』
  • PROTEX WP-9000
    防水・防塵キャリーWP-9000

雑誌 『DIME』6月号にWP-7000が掲載されました。

『DIME』内の旅グッズ特集にて、WP-7000が「完全なるプロスペックで最強の防水性を誇る」スーツケースとして紹介されました。

  • PROTEX DIME掲載
    ▲WP-7000掲載の『DIME』
  • PROTEX WP-7000
    防水・防塵キャリーWP-7000

フィギュアスケート宇野昌磨選手からのオファーでPROTEX製品を提供しています

宇野昌磨選手からオファー

▼ 宇野昌磨選手に提供中のキャリーケース ▼

Hondaレーシングオフィシャルパートナーとしてオファーを受けました

Hondaレーシングオフィシャルパートナーとして

チェアスキー日本代表チームからオファーを受け、PROTEX製品を提供・サポートしています

雑誌 『Tarzan』にSPECULARシリーズが掲載されました

旅を提案する特集にてタフボディのジャンルにPROTEXが掲載されました。重量のあるアルミ製の製品が肩を並べる中、「ゴツい見た目と裏腹に、ポリカーボネイトにアルミ蒸着を施した素材を使用しているため、持ち運びも容易だ」とこコメントがありました。

  • PROTEX Tarzan掲載
    ▲SPECULAR掲載の『Tarzan』
  • FP-32N SPECULAR
    FP-32N SPECULAR

小栗旬さん主演ドラマ 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』から美術協力のオファーを受けました

CRisiS

小栗旬さん、西島秀俊さんはじめ豪華キャストが演じるドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、国家を揺るがす事件に立ち向かう特捜班の活躍を描いた作品。警察庁警備局直轄の秘密部隊・特捜班に所属する稲見(小栗旬さん)、田丸(西島秀俊さん)らの骨太なアクションも見どころです。そんな武骨な世界観から、今回PROTEXは美術協力のオファーを受けました。FP-32Nをはじめとした堅牢ケースが、捜査班のアジトの舞台セットとして作品の一部で登場しています。

  • FP-32N
    美術協力を行ったFP-32N

日本テレビ系列 『沸騰ワード10』にWP/CR-9000登場

「業界×流行×ドキュメント」をテーマにあらゆる業界の沸騰ワードを覗き見る番組『沸騰ワード10』。 こちらの番組にPROTEXの堅牢キャリーコンテナWP/CR-9000が旅行業界で沸騰中のアイテムとしてオファーを受けています。

▼番組に登場のキャリーケース ▼

  • WP-9000
    完全防水コンテナWP-9000
  • CR-9000
    プロスペックコンテナCR-9000

雑誌『モノ・マガジン』『Free&Easy』に防弾キャリーNEOが掲載されました

NEO掲載

雑誌 『DaytonaBROS』にPROTEX製品が掲載されました

“タフな男のアメカジライフスタイル”をテーマに様々な切り口でアイテムを紹介するファッション雑誌『DaytonaBROS(デイトナ・ブロス)』の『日本の匠』特集にて、PROTEX製品が過酷な現場に欠かせない屈強ケースとして紹介されました。

  • PROTEX DaytonaBROS掲載
    ▲PROTEX掲載の『DaytonaBROS』
  • WP-7000
    完全防水コンテナWP-7000
  • PROTEX FP-32N
    トラベルキャリーFP-32N