プロフェッショナル仕様の精密機器キャリングケースからアルミコンテナまで 1902年興業フジコーワ工業の堅牢ケース専門ブランドPROTEX(プロテックス)公式サイト

PROTEX(プロテックス)はパーソナルに特化した、あらゆるプロフェッショナルのキャリーニーズに応えるブランド。
スーツケース・キャリーコンテナ・アタッシュなど、ビジネスに始まりトラベル・ダイビング・モータースポーツにいたるまで、プロフェッショナルの傍らには、常にPROTEXがいる。

▼<オーダー受付状況>FPZ-09:6月上旬出荷分 / FPV-08:6月上旬出荷分残りわずかです  AFC-106:5営業日以内出荷分残りわずかです

  • FPZ-09
  • FPV-08
  • AFC-106

最新更新日[UP DATE]

サイズ別で選ぶPROTEXキャリー

サイズの目安は1泊につき「容量10L」

スーツケースのサイズ選びの目安は1泊10L

スーツケースのサイズを選ぶ際の一般的な目安は、「1泊あたり容量10L」と言われています。
例えば2人分で2泊の荷物を収容するなら、容量40Lが目安となります。

**荷物の量は人によって異なりますので、あくまで目安の参考値です




日帰り~2泊サイズキャリー<機内持ち込み対応>

機内持ち込みサイズは115cm以内・受託手荷物サイズは158cm以内が基本

三辺合計115cm以内の機内持ち込みサイズに対応し、空港で荷物を預けることなく機内に搭乗可能な、~28L容量のキャリーケース。
ケースを直立させたまま収容物を取り出せるフロントオープンタイプのFPZ-07は、出張などのビジネスユースにも最適です。

前へ
次へ

2~5泊サイズキャリー<受託手荷物対応>

空港で無料預け入れが可能な受託手荷物サイズにも対応する、汎用サイズ40~60L容量のキャリーケース。
フラッグシップモデルのFPZ-09は前開き型では珍しい60Lサイズとなり、堅牢性を追求するPROTEXならではの機能・容量を実現した製品と言えます。

前へ
次へ

5泊~1週間サイズキャリー<受託手荷物対応>

三辺合計158cm以内の受託手荷物サイズに対応するとともに、プロ機材の収容も想定して開発した63~79L容量のキャリーケース。
受託手荷物最大サイズに70cm長尺の収容スペースを備えたFPV-08、大きめのビデオ三脚も余裕を持って収容可能な業界最長90cm収容に対応するFP-90、レーシングドライバーにとって命の次に大切なヘルメットを収容するためのPROTEX RACINGシリーズ等。
プロフェッショナルの傍らに置くケースを提供し続けるPROTEXのDNAを体現するラインナップを揃えています。

前へ
次へ

1週間以上大容量サイズキャリー

プロアスリート代表チームも海外遠征の際に複数台を運用している、87~100L超の大容量キャリーケース。
ダイビング界シェアNo.1のCR-7000、容量107Lのプロレーサー仕様キャリーRacing J、その意匠からSF映画作品の協力オファーが多いCR-9000等の特徴的な製品ラインナップを揃えています。

前へ
次へ

ページの先頭へ戻る ▲