プロフェッショナル仕様の精密機器キャリングケースからアルミコンテナまで 1902年興業フジコーワ工業の堅牢ケース専門ブランドPROTEX(プロテックス)公式サイト

PROTEX(プロテックス)はパーソナルに特化した、あらゆるプロフェッショナルのキャリーニーズに応えるブランド。
スーツケース・キャリーコンテナ・アタッシュなど、ビジネスに始まりトラベル・ダイビング・モータースポーツにいたるまで、プロフェッショナルの傍らには、常にPROTEXがいる。

▼<オーダー受付状況>FPZ-07 / FPZ-09:12月上旬出荷分残りわずかです  AFC-106:12月中旬出荷分残りわずかです

  • FPZ-07
  • FPZ-09
  • AFC-106

最新更新日[UP DATE]

チェアスキー代表チーム、次世代注目の、塚原選手がPROTEX初訪問。

チェアスキー代表選手

写真左より、森井大輝選手、塚原心太郎選手

チェアスキー代表チームより、森井選手、塚原選手がPROTEXを訪問。
塚原選手は今回初めての訪問で、かねてより、森井選手達からも「今後が楽しみな若手が育っている」と名前を耳にしていた選手です。
5大会連続でメダルを獲得している代表チームの絶対的支柱の森井選手をして、「後継者になる資質十分」とのことでした。
翌週には海外遠征、オーストリアにてレース出場される中、合間を縫っての訪問。
塚原選手の今後に、目が離せません。
(2022年11月15日取材)

チェアスキー代表選手2019訪問時の1枚。村岡桃佳選手、鈴木猛史選手と
チェアスキー代表選手2019訪問時の1枚。村岡桃佳選手、鈴木猛史選手と

森井選手より、ヨーロッパ遠征時の写真も。
遠征時の競技用フレーム、サスペンション等の収納に長らく愛用頂いています。

下村陽子さん愛用キャリー

《塚原 心太郎 選手プロフィール》


2006年5月24日 生
山梨県 16歳
2022年現在 日本航空高等学校 1学年

**スポーツ歴

2009年3歳
交通事故で脊髄損傷、車いすになる
2011年5歳
車いすテニスを始める
2014年8歳
チェアスキーを始める
以後日本チェアスキー協会ジュニア普及部にて毎シーズンスキーを行う
2015年9歳
j-workout cup2015 オレンジボールクラス 準優勝
マギーノカップ オレンジボールクラス優勝
2016年10歳
第1回 東京車いすテニスジュニア大会 オレンジボールクラス優勝
2017年11歳
日産カップ 追浜チャンピオンシップ2017 2.5キロの部ジュニア男子クラス2位
2018年12歳
日産カップ追浜チャンピオンシップ2018 2.5キロの部 ジュニア男子1位 大会新記録
2019年13歳
夏スキーニュージーランド合宿
2022年15歳
ジャパン・ライジングスター・プロジェクト4期生にてスキー競技修了
ジャパンパラ野沢温泉 前走
iceteecup2022 男子ハンディキャップ1位
2022年16歳
日本障害者スキー連盟  次世代Jr.登録

▼前回のインタビューはこちら
チェアスキー代表チームが訪問。冬季大会のエピソードや今後の展望について伺いました

▼下記製品を含めたPROTEXケースを複数、チェアスキー日本代表チームに提供しています

前へ
次へ