プロフェッショナル仕様の精密機器キャリングケースからアルミコンテナまで 1902年興業フジコーワ工業の堅牢ケース専門ブランドPROTEX(プロテックス)公式サイト

PROTEX(プロテックス)はパーソナルに特化した、あらゆるプロフェッショナルのキャリーニーズに応えるブランド。
スーツケース・キャリーコンテナ・アタッシュなど、ビジネスに始まりトラベル・ダイビング・モータースポーツにいたるまで、プロフェッショナルの傍らには、常にPROTEXがいる。

▼<オーダー受付状況>FPZ-09:7月下旬出荷分 / FPV-08:7月下旬出荷分残りわずかです  AFC-106:5営業日以内出荷分残りわずかです

  • FPZ-09
  • FPV-08
  • AFC-106

最新更新日[UP DATE]

チェアスキー代表チームより、森井選手、鈴木選手、塚原選手が訪問。

チェアスキー代表選手

写真左より、森井大輝選手、塚原心太郎選手、鈴木猛史選手

世界選手権のメダル

2023年1月、スペインでの世界選手権で森井選手が獲得した「金・銀・銅」の3種のメダルも持参頂きました。

チェアスキー代表チームより、森井大輝選手、塚原心太郎選手、鈴木猛史選手がPROTEXを訪問。

2026年トリノ・コルチナダンペッツォ大会を見据えて。
森井選手はコルチナダンペッツォでの国際大会にも参加し、2026年大会の会場にもなるであろうコースにてレースに臨んだと言います。
岩山の間を、時速100kmオーバーで加速しながら、傾斜40度にもなる急勾配を滑降するコースを実際に体感したのだそうです。

2024年2月には、日本国内で7年ぶりとなるワールドカップ開催も控えており、代表チームの活躍ぶりとともに益々注目が集まる、チェアスキー。

海外遠征のための新たなケース開発にも話は及びました。
遠征の際に器材をセーフティに輸送するためのケース提供という形から、チェアスキー代表チームをPROTEXは引き続きサポートして参ります。
(2023年7月取材)

▼前回のインタビューはこちら
チェアスキー代表チーム、次世代注目の、塚原選手がPROTEX初訪問。

▼下記製品を含めたPROTEXケースを複数、チェアスキー日本代表チームに提供しています

前へ
次へ